政策・・・?

周南市は「進化への道」と「淘汰への道」の分岐点にいる。

日本は終戦から昭和の高度経済成長期を経て、インターネットの普及で世界が近くなった平成、AIとの共存を探る令和と、元号と共に劇的な変化を成してきました。そして今、地球規模での未曾有の事態をきっかけに未知の時代に突入しました。
そんな中で政治は変化に順応しているのか?その時代に最適化されているのか?皆さまご存知の通り政治の手法やスタンスは昭和から大きく変化しておりません。この時代遅れ感は先進国ワーストクラスです。
しかし、その環境の中で波風を立てず先人たちが作り上げた政治家を守る政治を行う者が「まともな政治家」とされています。
それって本当に「まとも」なんですか?それを「まとも」とする人にこれからの周南市を任せるんですか?
 
そもそも政治家の政策なんて、本来は自分でどうこう考えるものではなく「国民・市民が何を望むか」であるべきだと思うんです。
それを選挙で他の候補者との差別化を図るために発信しているにすぎないと僕は考えています。
 
僕は諸先輩方のような器用でスマートな受け流し方ができるスキルを持っていませんので、全力で市民の話を聞き、それを然るべき場でぶつける。この時の熱量には自信があります!耳を傾けてもらえるまで食い下がる、それは何のしがらみも縛られるものもない僕にしかできないと思います。
 これは、僕が政治家になれようがなれまいが変わりません。現在発信しているYouTubeチャンネルやSNS等、老若男女多くの市民に気軽に見てもらえる発信媒体を積極的に活用し、市民と政治の場をもっとカジュアルな距離感にしたいと考えております。
 
 そしてこれからの時代の主役である若者たちが積極的に政治の場に参加できるような風潮を作ることも必須だと思います!
 
 今の市政の形ではどうしても停滞してしまうんじゃないでしょうか。
周南市は見せかけのマイナーアップデートではもう間に合いません!
今まで支えてくれてきた世代から、これからを支える世代へ正しく引き継ぎ
「再起動」を伴う大型アップデートが絶対必要だと強くアピールさせていただきます!!
 
僕に再起動ボタンを押す準備をさせて下さい!!